2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
食べること、生きること



猫ブログ、ひかるのおとにリンクさせるためにこの記事を書きました。

猫とは関係のないようですが、

今、一番強く思ってることなので、書くことにしました。

愉快な内容ではないので、読んでいてイヤになった人はそこで止めてね。



私は猫が好きです、猫を飼っています。

犬も好きです、動物園にいる動物たちも、水族館にいる魚たちも、

生き物を見ると嬉しい、生き物たちが好きです。

そう思ってきました。



でも、食べるものは別でした。


物心ついたときから、食卓には沢山の食べ物が並んでいました。

肉も、魚も、それ以外の色々なものもありました。

美味しいと思って食べてきました。

今でも、そう思っています。



生き物は好き、・・・・でも、食用の肉は、生き物ではなく食べ物。

暗黙の了解で、そういう教育を受けてきました、皆さんもそうではないでしょうか?




ハンバーグや生姜焼きを食べるとき、私の親は

「かわいそうに、これは生き物だったんだよ」とは言わなかったし、

自分もそうは思わなかったし、友人も、誰もそんなことは言いませんでした。




肉食が悪いとは、思っていません。

ダンナさんは生姜焼きが好きだし、私はチキンのカレーが好きです、

家で普通に調理しています。



食べること、それは命を繋ぐことであり、喜びでもあります。

家族や友人と、食事を共にするのは愉しい。

美味しいものを食べるのは生きる喜びです。



でも、本当に、今のままでいいのでしょうか?




私たちに食べられる動物や魚たちは、「自分たちは食用だから」と納得してるでしょうか。

彼らも、私たちと同じように、生きることを楽しむためにこの世界に生まれたのでは

ないでしょうか。



でも、生態系があります。

草食動物は肉食動物に狩られるし、小さい魚は大きな魚に食べられるでしょう。

生態系は、地球の正常な営みであり、そこに倫理や哲学の入り込む

余地はありません。

食べなければ、死ぬだけです。

だから、人間も食べ続けている。




ただ、生態系の頂点に君臨してる人間は、

地球上の多くの生命の行方を左右する力を持っています。


保護動物の命は貴重で、駆除の対象になったものの命は軽い。


日本では、人気のある血統書付きの子犬や子猫が店で売られ、

また様々な理由で飼い主のいなくなった犬や猫を毎日殺し続けるという

異常なことが続けられています。



半分生きたままの状態で、毛皮を剝がれる動物たち。

化粧品や薬の製造のために実験台にされる動物たち。


そのやり方は、あまりにも無慈悲ではないですか?





みんな、動物が好きですよね。

子猫や子犬が登場するTV番組は人気があるし、動物園だって行くでしょう。

動物が憎くて、どんどん殺してしまえなんて思ってる人はそんなにいないと思います。


それでも殺され続けている。



社会のしくみを変えるのは簡単ではないでしょう。

では、私たちに何が出来るのか?




日本は今、経済的にとても豊かな国で、食糧廃棄率が世界一だと言われています。


日本もかつては飢えた時代があった、飢えないために、沢山の努力があって今の経済が出来たんですよね。


飢える恐怖がない、これはとても有難いことです。


でも今、食べ過ぎ、そして捨て過ぎてはいないでしょうか。



その捨てている食材は、かつては生きていたという事を思い出すときではないでしょうか。



スーパーに行くと豊富に並んでいる食材。

外食で出てくる、美味しそうなごちそう。


それらは、かつて生きていた物であった。


それを意識するだけで、食用のために殺される動物の数を減らすことが出来るんじゃないでしょうか。



そう思い、この動画を掲載しました。

これは、アースリングスという映画の一部で、アメリカで劇場公開されたそうです。

YouTubeで全編を観ることも出来ます。



これは外国での屠殺の様子で、日本ではありません。

でも、どこの国で行われたものであろうと、彼らが命を奪われて食材になってゆく

という事実を知ることは出来ると思います。



とてもショッキングな映像で、観たら後悔するかもしれませんので、

よく考えてから観て下さいね。



最後まで読んでくれたかた、ありがとうございました。









スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

1 ■覚悟はしてみたものの衝撃がすごい
YouTubeの2/13まで観ましたが観るのきつい…。とりあえずそこでストップしました。

でもこれ文化的な生活をしている全人類に観てほしいな。こういう現実を人間は観るべき。そして考えるべき。本当にこれでいいのか…?って。

伝えてくれてみゆくるさんどうもありがとう。


2 ■Re:覚悟はしてみたものの衝撃がすごい
>アキのほごぬしさん

コメントありがと~
いや、記事リンクさせるの悩んだけど書きました^_^;
私は今まで、散々食べて残して捨てて…をしてきた人間なんよ。
これ書く権利あるのか?と。

でも、ダイエットしなきゃ…とか、食材捨てないように、節約しなきゃと
思ってもなかなか出来なかったけど、
この動画見て、食べ物に対する考えが変わったのね。

残酷と言えば、ライオンなんか獲物が生きたまま内臓食べたりするし、
食べるってことはそういう事で、何が正しくて何が間違いかなんて分からない。

私だって、本当に飢えたとき、同じ事言えるかどうか分からない。
難しいテーマかね…


3 ■生きる為に必要な分だけで・・・・
みゆくるさん。
映像は最後までは見られませんでしたが、
沢山考えさせられました。

私は仕事で中国のとある毛皮工場へ
行った事があります。
軽トラックの荷台一杯にウサギを詰め込んだ
カゴが工場に入って来ました。
そのカゴを足で蹴飛ばして車から落とします。
そしてそのカゴはぐつぐつとゆであがった釜に
入れられるのです。
『生きたまま』熱湯に浸けて殺し、皮を剥ぐのです。

その際見学を進められましたが、断りました。

そして別の倉庫にはシルバーフォックスや
ミンクなど、形がほぼ残った状態で乾燥させて
いました。
そして私たちを案内してくれた工員さんは
誇らしげにこう言いました。

「この倉庫の毛皮の総額はうん千億円です。
99% 日本向けに輸出します。」

幸いうちの会社では毛皮商品は取り扱わない
事になりましたが、私はその日から毛皮は
一切必要ないと思うようになりました。

しかし、お友達や親、兄弟に伝えても
「ええ~~~残酷~~~」というだけです。
数百万円もする毛皮のコートではなく、
手袋や、チャームや髪飾りなどにちょっと
付いてるファーなら罪悪感も薄れるのかも
しれません。

食用の動物達も同じだと思います。
でも自分だってお肉を食べています。
動物実験をしているメーカーの商品を
知らずに使っているかもしれません。

本当に難しい問題ですよね。

でもせめて命を頂くのは最小限、生きていく
為の分だけ、にしていかなくてはいけないと
思います。

社会を変える為に自分に出来る事は何か?
考えるきっかけをまたもらった気がします。

みゆくるさん。有り難うね。
出来ること、小さな事かもしれないけど
私なりに探してこれからもやっていくね。





4 ■Re:生きる為に必要な分だけで・・・・
>さるるさん
コメントありがとう、実際に毛皮製造の工場に行ったことがあるんだね。
私はネットの映像しか見たことがない、でもこういう事を書いてくつもりだから、
いつか、精肉工場など、見学してみようかと思ってます。

さっき、新しいコートを買おうと楽天ショップを覗いたら、多くの商品にファーが付いていたよ。
こちらが望まなくてもふつうに付いてるよね、フェイクファーもあるだろうけど。。

毛皮のふわふわなんか可愛くない、殺した動物の毛皮をはいで作ったものなんて…
でも数年前まで自分も平気で購入してたし、牛革…なんかもうフツーに当たり前に
使われてるし^^;

世界は複雑です。
人間が、動物たちがこの世界で生きてくとゆう事は、
「殺さないで!」←ナウシカふう
というように単純なものではないのでしょう。(ごめんね、茶化してるわけじゃないよ>_<)

でも、やっぱり動物が好き。
出来ることがあるなら、実践して行こうと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。