2011/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
子犬の通販?( ̄□ ̄;)!!そしてホタルの話

幸せのしっぽ-201107252026000.jpg

我が家の呑気な猫ずです。爪とぎタワーはそろそろ新調しようね~(^_^;)




なんか、チラッと目にしたんですが、

なんですか、そんなのがあるんですか??→通販


まさか、雑貨みたいに箱詰めされて送るんじゃないでしょうね!(>_<)


ちょっと、ちゃんと調べてないので、はっきり発言できないけれど。。。



気になるんで、調べたらまた記事書きます。


犬猫事情に詳しいかたはもう知ってるのでしょうね。。。




生体の通販。。。


これ、もし関係者のかたいたらごめんなさい。


1~2年前に、「ホタルの通販」というのをテレビで見ました。


ホタルを繁殖させて、通販で売るらしいです。

買い手はけっこういるそうです。


お祭りで使うとか、蛍がいなくなった川に放すとか、

学校なんかもけっこう買うらしいです。



でもね、番組の中で蛍の研究してる人が憂いていて。


ホタルの灯りの点滅のリズムって、F分の一(えふぶんのいち)の揺らぎなんですって。


ロウソクの炎のゆらぎや、電車の揺れるリズムもそうらしいす。

癒されるリズムらしいです。


でね、ホタルって、自分の育ったとこでしかそのリズムで光らないんだって。


で、よそでどう光るかというと、(ホタルにとって)危険信号のリズムで
点滅するのだそうです。



だから、送った先で、「わ~綺麗ね」ってホタルを見てる人は、

果たして癒されるのか、というね。



ホタルたちも使い捨てにされて死んでいくのだしね。

(もしかして、その土地に定着するケースもあるのかな?
専門家じゃないんでよく分からないけど。。。)




ホタルが見たいなら、自分が動いて見に行こう。


川にいなくなったのなら、戻ってくるように綺麗にする
努力をしようよ。



私はそう思うけど。

そうは思わない人も、この世界にはいるのだ(+_+)


スポンサーサイト
 
保護猫さんたちのその後


保護された猫さんたちが色んなところにいます~


(我が家にもいます、飼い主もう決まってるけど)(‐^▽^‐)




まず、大阪、すいかさんが保護した幸ちゃんのその後。。。


当時、ひどいノミで貧血状態だったそうですが、


回復してきてるようです。



まだ入院中です。  現在の様子はこちら^^→ひまわりの朝



幸ちゃんガンバレ~~元気になってねアップ





そしてこちらは、今一番お気に入りの猫マンガ


サイドバーのお気に入りにも入ってます。


鈴尾粥さんの猫絵日記




おうちの猫さんの様子を面白おかしく描いてますが


猫さんは、みんな野良出身で、


それもけっこう大変な状態の子を、手術を受けさせてあげたり、


何度も治療に通ったり。。。



現在、子猫を2匹保護したそうで、その様子が描かれています。


里親さんを探すようですね。


・・・って、他のブログの情報ばかりですけど(^_^;)




我が家で預かってる新くん(生後二ヶ月とちょっと)


うちに来てちょうど一ヶ月です。





。。。ちょっと子猫感が分りませんね、この写真あせる


幸せのしっぽ

一ヶ月一緒に暮らしてると、もう家族の一員です。


お返しするのがつらいだろうナア。。。。(ノ_・。)



でも、新くんの幸せが一番だからね!


うちにいる間はウチの子だしビックリマークo(^-^)o












 
猫について思うこと



幸せのしっぽ-201107201834.jpg



ただかわいくてかわいくて、愛しくて。


この小さな生きものがなぜこんなに大切なのか、

なぜ、こんなに心の奥深くまで入ってくるのかは分かりません。


ただこうして一緒にいると、愛しくて愛しくて。



以前の私は、この幸せに気付きませんでした。

大好きな猫たちがそばにいて、嬉しいな、幸せだなと
感じてはいたけれど


いつも、不平不満を口にして、「もっと幸せな生活」が
どこかにあると思ってた。


職場でも愚痴を言い、ダンナさんにもつまらない事でつっかかり、

自分の中に安らぎを見いだせないのは、世の中のせいだと思っていた。



ずっと元気でそばにいてくれた猫たちは寿命を迎え

旅立つときがやって来ました。



その時に初めて気付きました。

「幸せ」は、毎日毎日、目の前にあった。


私がどんなに不機嫌なときも、自分に満足できない時も、

本当の幸せは、いつも目の前にあった。


猫たちと過ごす時間。
今、この瞬間、この子たちがここにいてくれること。



それ以外に、本当に大事なものなんてあったんでしょうか。


私はいったい、何を見てたんでしょう。




猫とお別れしてから、私は変わったと思います。

あの子たちはすごい子だった。




今日も「幸せだ」と思います。

それを教えてくれたのは、天使猫たちです。
 
まるちゃんその後



このブログを作るきっかけとなった、


激しく夜鳴きをするため、一時預かりさま緊急募集ビックリマーク


まるちゃん(猫・推定3歳・女の子)ですが、



無事、預かりさまが見つかりまして、


先日、保護主Rくんが、預かりさまのお宅にまるちゃんを


お届けに行きました。



レポはこちら→koharun.com




預かりさま宅はちょっと遠方でしたが、


電車の中でも、まるちゃんは鳴かずにおりこうにしてたようです。




まるちゃん。。。。。


環境が変化して、不安だったと思います。


落ち着いて過ごせるといいな、と思います。



そして、終生のおうちが見つかりますように。。。





 
猫友さんが、瀕死の猫さん保護しました!



7月14日、猫友すいかさんが、路上で倒れてる猫さんを保護しました。



すいかさんは、最初その子はもう亡くなってると思い、


霊園に連絡しようか。。。と思ってたら、


抱き上げたら鳴き声をあげたので、急いで病院へと走ったそうです。




保護当時の様子はこちら→ひまわりの朝



命が救われました。


すいかさんの行動と勇気に感謝。



行き倒れの動物を、保護して病院に連れていくというのは、


動物好きだからとかいう問題じゃなく、


勇気の要る行動だと思います。





「保護したあとどうすればいい?」


「医療費はどれくらいかかるのか?」


「こういう経験がないから、どうすればいいか分らない。。」


など、不安要素が先に出てくるのが普通だと思うから。




幸ちゃん(猫さんにつけられた名前)は現在入院中です。



幸ちゃん、すいかさんに見つけてもらって良かったね。。。











 
一時預かりさま募集!!【千葉県】内定(^_^)



ベル預かりさま内定したようです!  応援ありがとうございましたベル



(通常記事は下にアップされています~読んでね(-^□^-)




幸せのしっぽ

                                

写真は「まるちゃん」

知人が保護した猫ちゃんです。


数日前に、同じく野良猫出身の保護猫「びわちゃん」と一緒に


知人(Rくん)宅にやってきました。


家猫修行をして、これから里親さん探しです!!



ですが。。。。


まるちゃんは、びわちゃんや、Rくんちの先住猫さんが


こわいらしく、毎晩夜鳴きをするんだそうです。



Rくんも、一晩中なだめたりと頑張ってたのですが。。。


一軒家ではないため、階下のかたが夜中に起きてしまったそう。




やむを得ず、まるちゃんは今、ペットホテルにお泊りしています。






このまま預け続けるわけにいかないので、


緊急、一時預かりさま募集中です!!!




【仮名】まるちゃん

【年齢】3歳(推定)

【性別】女の子

【ウィルス検査】済み エイズ白血病どちらも陰性

【寄生虫】駆虫済み

【ワクチン】3種接種済み

【トイレ躾】済み


もし、一軒家などで、短期間なら預かってもいいよ~


というかたがいましたら、


どうかお願いいたします!!!




お問い合わせは    秋元   koharun0204★yahoo.co.jp

もしくは    suika701★yahoo.co.jp ハンドルネーム「すいか」

(★を@に変えてくださいね)

詳しい経過はこちら→Rくんのブログ・koharun.com



※すいかさんは、Rくんの保護活動をサポートしています。


すいかさんの猫ブログはこちら→ひまわりの朝




miyukuru宅も、4月に引き取ったヒカル、その後保護された


赤ちゃん猫が2匹、そして先住もいて(ペット飼育可ですが)


アパート住まいなので、これ以上引き取ることが出来ません(>_<)





どうか、もしお心が動いたかたがいましたら、


ご一報いただければと思います。




※Rくんは千葉県在住です





 
犬や猫の保護活動






幸せのしっぽ-P1000366.jpg



新くん、推定生後二ヶ月ラブラブ  明日はワクチン接種だじょ~~






幸せのしっぽ-P1000357.jpg

  今日も穏やかな時間が流れています(‐^▽^‐)





私は2年前、12歳の愛猫が亡くなるまで、猫ブログを


見たことがありませんでした。



ネットでは、調べ物や買い物をするだけだったんです。



でも、猫を亡くしたのがきっかけで、


猫ブログを見るようになりました。



最初に見るようになったのは


「にゃんず日記」  「ジュルのしっぽ」  「小さなチカラ」など。。。。


(みんな、猫本が出版されてる人気ブログです)




それから、施設で処分されてる犬や猫たちのほとんどが


「安楽死」ではないこと。



純血種の、昨日までペットショップで売られてたような


子たちも、遺棄されてること。




それに心を痛めて、野良猫や迷い猫を保護して、


里親さん(新しい家族)探しをし、送り出すという活動が


こんなにも広まってることを知りました。





私は今まで、9匹の猫さんとご縁がありましたが、


みんな捨て猫か、保護猫か、知人に譲られたかです。


買ったことはありません。


(お金持ちじゃないからってのもありますあせる




愛情を持って接してるブリーダーさんもいますし、


純血種のかわいさもあるので、


犬や猫の販売が全て悪いとは言えませんが、


子猫、子犬の展示販売には抵抗があります。




今は、ちょっと大きなホームセンターに行くと、


ペットコーナーがあって子猫や子犬が売られています。


「特価」  「今だけセール」  などの見出しもあります。




以前は「かわいい~」と見に行ってたけど、


今は行かないようにしています。




もしあれが人間の子供だったら?


不自然じゃないですか? 展示販売って。




「犬や猫は人間じゃねえだろ」とつっこまれたらそれまでなんですが、


ペットって一緒に暮らしてると「家族」になるんで、


一緒じゃないですか。




子猫の展示販売、なくなるといいなって、思っています。




買いに行かなくても、


シェルターなどに、いっぱいいるよ。






※ペットショップで犬、猫を購入したかたを批判するのでは


ありません。




どんな入手経路でも、愛情を持って接するかたは


そうするでしょうし、


血統証つきも、保護猫も同じ猫に変わりはなく、


どちらも大切な命です。



犬や猫は野生で自力で健康に生きてくのは難しく、


彼らの幸せは人間の手に委ねられています。



一匹でも多くの子に幸せになってほしい。


理不尽な繁殖や売買がなくなることを願います。





 
ちびっこたち




幸せのしっぽ-201107111001.jpg




5月に保護されたあめたろう(茶トラ)と、6月に保護された新くん



仲良く過ごしています(‐^▽^‐)音譜





あめたは私がミルクから育てましたが、新くんは路上で息も絶え絶え


のところを保護されました。



更に、頭部に深い傷が。




皆さんもそうでしょうが、私も今まで生きていて大変なことも


色々ありました。



でも、この子が経験したこと。



生後一ヶ月かそこらで何らかの理由で母猫とはぐれ、


水も食べ物も与えられず路上に放置され、


カラスかまたは他の動物かに襲われ頭部に深い傷を負い


生死の境をさまよう。。。。。。




そんな思いはしたことはありません。


どれほど苦しかったか想像もできません。。。


本当に、もう死の淵に片足入った状態だったそう。


Rくんが助けるのが一歩遅かったら、この子は今


生きていなかったでしょう。。。。。






日本人はもう、食べるものも着るものも有り余るほどあるから。



そういう命を救うことに、みんなが少しだけ興味を持ってゆけば、



助かる命はたくさんあると思います。






 
猫の命


幸せのしっぽ-P1000370.jpg

この子は「新くん」

ご飯を食べて気持ち良さそうに休んでいます。



新くんはちょうど一月前、知人、Rくんが大変な思いをして
保護した子です。


生死の境をさまよい、奇跡的に一命をとりとめました。

野良猫たち。。。

みんな懸命に生きているよ。


今日も、処分されている命があります。

猫を捨てないで。
 
あめたろう



4月に、保護猫ヒカルくん(茶とら男子)を迎え


ルンルン気分で過ごしてたある日、



Rくんが、子猫。。。。生後20日の赤ちゃん猫を


保護しました。



まだ5月、その日は雨が降り寒い日でした。



生後20日というと、まだ授乳が必要で、


それも数時間おきに与えないといけません。




赤ちゃん猫のお世話は、仕事を持ってるかたには


無理です。


なので、その子は「一時預かり」という形で


我が家にやってきました。




幸せのしっぽ


うちに来たばかりのあめたろう





幸せのしっぽ

ちっちゃいボールに飛び掛って遊んでいます(‐^▽^‐)




あめたろう(通称あめた)は先住猫との相性が良く、


そのまま我が家の一員となりました。



現在、生後二ヵ月半、元気に過ごしていますよ



あめたと先住の様子はこちら→ヒカルのおと (miyukuru猫ブログ)




大事な家族になったあめたろう。


保護してくれたRくんに感謝です!アップ








 
うちの子たちと友人の話




幸せのしっぽ




                            

写真はうちの子のヒカルくん。 1歳です。



ヒカルは野良猫出身です。



兄妹猫たちは、亡くなったり、いなくなったりで


この子一人が野良として生きてたそうです。



知人に保護され。。。。   その後、我が家にやってきました。


今年の4月のことです。



知人は、その後、福島原発20キロ圏内に取り残された


家畜やペットを助けようと、数回にわたり福島入りしたり、


(この様子はニュース番組でも放送されました)




その後も、自宅付近の野良さんを保護したり、


保護活動をしてる団体のお手伝いをしたりと


精力的に活動しています。



もちろん、自分も仕事をしながら、活動は


全てボランティアです。



詳しい活動は、こちらのブログ→koharun.com







 
初めまして


幸せのしっぽ



猫が好きで、現在3匹飼っています(‐^▽^‐)


それと、知り合いのうちの子を預かっているので、


現在4にゃんと暮らしています!



私はペット飼育可のアパートに住んでおり、これ以上


飼育数を増やしたり、野良ちゃんの保護活動を


することが出来ないのですが、



お友達で、懸命に保護活動をしてる人がいます。



その人を応援するために、このブログを作りました。



一人でも多くのかたに見ていただけたら嬉しいです。




miyukuruの猫ブログ、本館はこちら→ヒカルのおと




よろしくお願いします!







 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。